禁煙できた! ~タバコをやめたい人のための総合情報サイト~

あなたの禁煙をサポートします。

「禁煙しようかな」と思った時がベストタイミング

禁煙したいけど成功するか自信がない…
過去に禁煙失敗したので、諦めかけている…
もう何十年も吸い続けているので、今さらやめても…

禁煙を思い立った皆様の中には、こんな懸念が浮かんでしまう方もいるでしょう。しかし禁煙はどのような状況であれ、身体に様々な改善効果をもたらします。

禁煙に手遅れという言葉はなく、「タバコを止めよう」と思った時が止めどきなのです。

とは言え、禁煙することへの不安を抱える方も多く、心のどこかで「自分には禁煙できないのではないか」とブレーキがかかってしまいます。
そういった方に有効なのが、禁煙補助薬を使った禁煙治療です。
禁煙補助薬を使えばタバコの禁断症状を和らげる事ができるので、禁煙の成功率がグンと上がります。
もちろん、最終的には本人の強い意志が求められますが、禁断症状の苦しみが改善されるので禁煙がしやすくなります。
禁煙治療でタバコをやめるためには、喫煙する事のデメリットをしっかりと知り、禁煙に対する決意を固めるところから始めましょう。

当サイトでは以下の事が学べます。

タバコがもたらす害
タバコの有害物質、他人からの印象、身体的な苦痛、病気のリスク
禁煙することの効果やメリット
男性のメリット、女性のメリット、日常生活でのメリット、身体面でのメリット
禁煙外来について
治療の流れ、ニコチンパッチ、ニコチンガム
禁煙補助薬について
チャンピックスの効果、副作用、飲み方、注意点、通販

それぞれの詳細に関しては、メニューよりジャンプして該当ページをご覧ください。
当サイトを熟読する頃には、あなたの心のなかで禁煙に対する堅実な意志が固まっているはずです。

あなたが胸を張って「禁煙できた!」と言える日が来るのを、当サイトでは心よりお待ちしております。

禁煙治療を行う前の心構えとして

禁煙補助薬をしっかりと知っておきましょう。

当サイトは禁煙補助薬のチャンピックスを使った禁煙治療を推奨しておりますが、知っておいて欲しい事がいくつかあります。
まず、禁煙補助薬を使ったところで100%禁煙が成功するわけではない事を覚えておきましょう。
実際に禁煙の苦痛はとても辛いもので、特に禁煙開始から3日目が峠であると言われています。

タバコをやめると、ニコチン切れのイライラや不安、それ以外にも頭痛や不眠など身体症状が起こります。

非喫煙者にはわかってもらえない苦しみは、しばしば周囲から「たかが禁煙ぐらいで何を大げさな」と思われがちですが、これは実際に体験した方でないと分からない苦痛でしょう。
禁煙補助薬を使ったとしてもこの期間はまだ薬を本格的に増やし始めた段階であり、満足に効果が出ない事もあります。
そこで自分が禁煙に対してどれほど本気なのかを問われます。
「この苦しみに比べたら、タバコを吸うデメリットなんて…」と気持ちが揺らぎ、「一本ぐらいなら…」と悪魔の誘惑が襲ってくるのです。
禁煙外来を受診する患者の多くは、初診でこの間(禁煙開始後7日分)の治療薬を処方しますが、この期間に挫折する患者が多く見られます。
また、禁煙補助薬の中でも最も強い効果があるチャンピックスは、脳に直接はたらきかけるお薬です。
人によってはチャンピックスの副作用が強くでてしまい、この副作用に苦しむあまり服用を中止する方もいらっしゃいます。

チャンピックスはあくまで禁煙補助薬であり、治療薬(飲むだけで完治させるという意味で)ではないことを覚えておきましょう。

とは言え、チャンピックスを服用することで禁煙成功率が格段に上がる事が確かであり、ニコチンパッチやニコチンガムよりも強力な禁煙補助薬に変わりはありません。
チャンピックスは別途ページを設けて詳しく解説しておりますので、服用方法や注意点をしっかりと把握した上で、禁煙治療に役立てていきましょう。

禁煙外来で治療を中止した方へ

チャンピックスは通販でも購入できるのをご存知ですか?

禁煙外来での治療を受けていたけれども、

  • タバコへの誘惑に勝てず吸ってしまった
  • 禁煙補助薬の副作用が苦しくて継続できなかった
  • 勝手な判断で薬を中断して、結局禁煙に失敗した

などの理由で、治療に失敗する方もいらっしゃいます。

禁煙外来で保険が適用される条件として一つめに、「前回の初回受診日から1年以上が経過している事」があります。

つまり、1回治療に失敗したら、1年以上経過しなければ保険が適用されないということになります。
禁煙治療は自由診療となると6万ほどの治療費がかかります。
同じ事をやるために、高額の治療費を支払わなければならないので、この時点で禁煙を断念する方もいます。
そんな方に有効なのが、禁煙補助薬チャンピックスの個人輸入です。

これはインターネットの個人輸入代行サービスを使って通販購入をするという手段です。
チャンピックスは処方せん医薬品ですが、個人輸入という形であればインターネットで購入することができます。
個人輸入と言っても、実際には楽天やAmazonのような通販サイトと同じ手順で購入する事ができるので、手軽な手段として人気があります。
また、価格も自由診療における治療費に比べて安価となりますので、禁煙外来で保険が適用されない方にはこちらの方法も有効です。
ただし、病院診療と違って全ては自己責任となりますので、チャンピックスに関する説明をしっかりと読み、メリットとデメリットを把握した上でご利用下さい。

禁煙をご検討中の方へ

禁煙に必要なのは正しい知識と堅実な意志です

2010年のドラスティックな価格改定以降、タバコの値上げはとどまるところを知りません。
全面禁煙の飲食店も増える一方、電子タバコという新たな選択肢も増えて、世の中は禁煙ブームに染まっています。
タバコの害は喫煙者のみならず、周囲の非喫煙者に対しても副流煙という害を与えて社会問題となっています。
禁煙は決して楽なものではありません。
程度の差こそあれ、タバコをやめることは苦痛をともなうものですし、それに対する覚悟が必要となります。
あなたは過去に何らかの禁煙方法を試した結果、失敗して諦めているのかも知れません。
はっきり言って、100%成功する禁煙方法などというものは、この世に存在しないのです。
それでもあなたの中で「何とかしてタバコをやめる方法はないか」という切実な気持ちがあるのならば、当サイトはあなたにとって必要な情報を厳選しております。
禁煙を成功させるための手引きとして、ぜひ当サイトの情報をお役立てください。

ご家族に禁煙をして欲しい方へ

禁煙はあくまでご本人の強い意志が必要です

ファイザー社では禁煙外来のテレビCMを流して、禁煙外来の受診を啓蒙しています。
お子様に促されて禁煙外来を受診するような内容ですが、このCMに対してはしばしば「子供を使って、喫煙者に露骨な嫌悪感を与える演出」と怒りの声も上がっています。
事実、禁煙はご本人から自発的に「タバコを止める」という意志がなければ持続しません。
禁煙をする際の苦痛やメンタル面でのダメージは、非喫煙者には想像もつかないほど辛いものなのです。
禁煙を応援するのならば、ご本人が「禁煙をはじめる」と宣言した後でしっかりと禁煙中のケアをしてあげることです。
頭痛やイライラ、不眠が主だった症状となりますので、まずはしっかりとご本人の苦しみを理解してあげた上で、メンタル面での支えになってあげましょう。

ページの先頭にもどる