チャンピックスの飲み方、1週目と2週目以降で変わる服用方法について

チャンピックスの飲み方・服用方法

最初の1週と2週め以降では錠剤に含まれる有効成分量が変わります。

チャンピックスの錠剤には、0.5mg錠と1mg錠の2種類があります。
有効成分バレニクリンの含有量が異なり「0.5mg錠は成分量少なめ」「1mg錠は成分量多め」となっています。

チャンピックスは徐々にタバコ離れをさせる禁煙薬ですので、0.5mg錠(効き目が弱い)から飲みはじめて少しずつ増量していき、1mg錠(効き目が強い)に切り替えて、最終的に禁煙を達成できるようにします。

チャンピックスの飲み方
経過日数 0.5mg 1mg 喫煙
1~3日目 1   OK
4~7日目 朝1 / 夕1   OK
8日目~   朝1 / 夕1 NG

飲み始め1~3日目までの飲み方

0.5mg錠をどのタイミングでも良いので、食後に1錠だけ服用します。タバコが吸いたくなったら、吸って構いません。

4~7日目までの飲み方

0.5mg錠を朝食後に1錠、夕食後に1錠、1日合計2錠を服用します。タバコが吸いたくなったら、吸って構いません。

8日目以降の飲み方

1mg錠を朝食後に1錠、夕食後に1錠、1日合計2錠を服用します。タバコは吸ってはいけません。もっとも、この頃になるとタバコが吸いたいという欲求がかなり薄れてきますので、強いイライラも感じなくなります。
チャンピックスを使った禁煙は、ここからが本番となります。

飲み始めは0.5mgの錠剤を1日1回、4日目から1日2回に増やし、8日目からは1mgの錠剤に変えて1日2回飲み続けます。

チャンピックスの購入はこちらから

飲みやすいように考えられたパッケージ。

チャンピックス スターターパック

チャンピックススターターパック

飲み始めから2週目までに飲む錠剤のセットです。青い部分にあるのが0.5mg錠、黄緑の部分にあるのが1mg錠となっています。
それぞれ左右に朝 / 夕のマークが書いてあるので、いつ飲む分なのかひと目でわかるようになっています。

スターターパックのご購入はこちら

チャンピックス メンテナンスパック

チャンピックスメンテナンスパック

2週目(8日目)以降から飲む1mg錠が2週間分入っているセットです。1日2回の服用として、1mg錠×28錠のパッケージとなっています。
タバコの本数を減らしたいという用途の方には、メンテナンスパックが人気です。

メンテナンスパックのご購入はこちら

チャンピックスを使った禁煙治療は12週(3ヶ月)で1サイクルとなっています。禁煙外来と同じ期間分のチャンピックスをご用意頂く場合は、スターターパック×1箱とメンテナンスパック×5箱が定量となります。

禁煙治療の流れ

チャンピックスの服用期間は12週間で、最初の1週間は準備期間となります。
準備期間は0.5mgの錠剤を飲んで少しずつチャンピックスの成分に身体を慣らしていきますが、この期間はタバコを吸っても良いとされています。
チャンピックスが効いてくると、次第にタバコを吸いたい気持ちが薄れていき、タバコを吸っても美味しいと感じなくなるでしょう。
準備期間中でも、タバコを吸いたいと感じなくなったら、早めに禁煙を始めましょう。
8日目からは1mgの錠剤を飲みながら、本格的に禁煙をスタートさせます。

治療期間中に、「薬が十分に効いてきたので禁煙に成功した」というような自己判断で勝手に服用を止めてはいけません。
チャンピックスは禁煙効果の有無にかかわらず、必ず12週間飲み続けるようにします。

チャンピックスの購入はこちらから
ページの先頭にもどる