チャンピックスの効果、禁煙を成功させやすくする仕組みついて

禁煙を促進するチャンピックスの2つの効果

離脱症状の苦しみをなくす効果とタバコを吸って得られる快感を抑える効果。

チャンピックスは、タバコをやめた時に起こる離脱症状を和らげる効果があります。
具体的な離脱症状として、おもに以下の2つを抑える効果があります。

  • ニコチン切れによるイライラ
  • タバコを吸ったときの満足感

チャンピックスの主成分であるバレニクリンは、脳に直接はたらきかけます。そもそもタバコを吸うと、ニコチンが脳内の神経細胞(ニューロン)にあるニコチン受容体に結合されますが、チャンピックスも同じ働きをします。

ニコチンの作用

ニコチンが取り込まれた際には、ドパミンと呼ばれる神経伝達物質が大量に放出されます。ドパミンは快感や意欲などを生み出す物質なので、タバコを吸うと一時的に心地よい気分になれます。

この心地よさが曲者で、継続的にニコチンを取り込んでいくと次第に中毒症状(ニコチン依存症)が起こります。
つまり、ニコチンがないと落ち着かなくなり、イライラや不安を感じる「ニコチン切れ」の状態になるのです。

チャンピックスの作用

ここでチャンピックスの出番となるわけですが、チャンピックスがニコチン受容体に取り込まれると、ニコチンよりも少量のドパミンが放出されます。量が少ないものの、ドパミン放出でニコチン切れの症状を和らげる効果をもたらします。

さらに、チャンピックスを服用している時にタバコを吸ってしまったとしても、チャンピックスがニコチンに先回りする形で結合されるので、ニコチンをブロックする効果もあります。
ニコチンが結合された時のように大量のドパミンを放出しないので、タバコを吸っても美味しいとは感じられず、これといった快感も得られなくなります。
この効果によって、タバコへの欲求や依存性も抑えることができ、禁煙を成功させることができます。

チャンピックスの有効性

離脱症状を抑える薬として減煙(タバコの本数を減らす)にも効果的です。

ここでの禁煙成功とは、文字通りタバコを一切吸わなくなる状態となりますが、チャンピックスを利用する方にはタバコを完全にやめるという用途のほかに「本数を減らしたい」という目的で利用する方もいます。

チャンピックスを飲んでいると、タバコを吸わなくてもいられるようになる効果がありますので「本数を減らしたい」という用途に対しても効果的です。

チャンピックスは禁煙外来を受診すれば処方してもらうことができますが、病院ではタバコの本数を減らす目的では禁煙外来を受診することができません。
本数を減らす用途でチャンピックスを利用したい場合は、個人的に通販で購入するほか入手方法がありません。

チャンピックスの成功率

服用開始から8週間経過した人の禁煙成功率は78.5%。

チャンピックスは禁煙外来で処方され、経過を観察しながら12週間かけて服用を続けます。
禁煙成功率を計測するのは8週目以降で、治療の最終週となる12週目までの4週間で完全にタバコをやめることができている人の割合は78.5%とされています。つまり、78.5%の人が禁煙に成功したという統計になります。

服用開始2週目からが本格的な禁煙スタートとなります。
チャンピックスの効果が出るまでの期間は人によって個人差がありますが、明確な効果を実感できるのは2週目以降となります。

ページの先頭にもどる