身体面でのメリット -肺がきれいになる、血行がよくなる等-

禁煙で効果を実感する身体の違い

禁煙の身体的なメリット:健康イメージ

喫煙者の寿命は非喫煙者と比べて約10年ほど減ります。

タバコには4000種類以上の化学物質が含まれています。
有害な化学物質は250種類ほど含まれており、そのうち60種類は発がん性物質を含んでいます。

タバコが身体に与えるダメージはとても大きいものです。

喫煙によって血管は傷み、血液の流れは悪くなることから始まり、がんや心臓病などのリスクを増加させ、命の危機を招きます。

その為、喫煙者の寿命は非喫煙者に比べて短くなり、20歳前に喫煙を始めた人にいたっては約10歳ほど寿命が短くなる事がわかっています。
中には喫煙者でも長生きしている方もいるでしょう。
だからと言って、喫煙が体に害を与えている事実は決して変わりません。
禁煙を始めることで体の状態を改善し、失った寿命のほとんどを取り戻すことができることもわかっています。

少しでも長く元気に過ごすために、禁煙であなたの本来の身体を取り戻してみませんか?

チャンピックスの購入はこちらから

禁煙で改善する身体の4つのメリット

①喫煙で滞っていた血液の流れが改善する。

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
喫煙を行うたびに血管を収縮させるため、毛細血管に血液がしっかり流れなくなり、慢性的な栄養や酸素の不足を引き起こします。

喫煙によって抜け毛が起きたり、勃起不全、肌老化の進行、生理の悪化なども血行不良が原因の一端となっています。

その他にも、血液の粘度が高まることで、動脈硬化なども起こりやすくなります。
血管の収縮は喫煙を行わなければ早い段階で解消されます。
ですが、血管の収縮が解消されたからと言って、すぐに健康的な体になるわけでありません。
しっかりと禁煙を行い、血流を改善していきましょう。

②喫煙で低下していた体力が回復する。

禁煙を行うとタバコによって奪われていた体力の回復力が戻ってきます。
禁煙開始3日目ぐらいから感じやすく、ニコチンが体内から完全に抜けることで起きます。
ニコチンが体内から抜けることで、血行不良が改善されます。

慢性的な栄養不足や酸素不足が解消され、心肺機能が回復し、呼吸も喫煙時より楽にできるようになります。

体力の回復は禁煙の効果を実感できる項目の一つでしょう。

③喫煙で増加していた病気リスクが下がる。

喫煙によってリスクが増加する病は多くあります。

  • 肺がんや喉頭がん、食道がんなどのがん
  • COPD(肺気腫・慢性気管支炎)
  • 心臓病(心筋梗塞・狭心症)
  • 歯周病
  • 肺炎
  • 喘息

上記がリスクが増加する病の代表的な例です。
中には禁煙を行うことで、発症リスクを低下させることができる病気もあります。
病気によって低下率は異なっており、禁煙を始める時期が早ければ早いほど効果があります。

喫煙によって傷ついたり破壊されるともとに戻らない器官も存在しているので、早め早めの禁煙が大事です。

④喫煙で黒く染まった肺の回復が始まる。

禁煙を始めることで、黒く染まった肺は回復を始めます。
ですが、人の身体機能は年々衰えていき、細胞が壊れてしまうため、喫煙前と同じ状態に戻ることは決してありません。

吸っていた年数や本数などで肺への影響が変わってくるため個人差がありますが、肺の回復は非常に長い時間がかかります。

喫煙による細胞の破壊を促進を防ぎ、負担を少しでも減らすためにも、禁煙を行っていきましょう。

禁煙による身体面でのメリットまとめ

禁煙で改善して本来の身体に。

喫煙は身体面で考えればマイナスの影響しか与えません。
どんなに健康的な生活を送っていたとしても、喫煙を行っているというだけでマイナスになります。
ですが、禁煙を始めることでマイナスを無くし、努力によって健康を取り戻すことができます。
禁煙は元気で長く生活を送っていくために、とても重要な項目なのです。

チャンピックスの購入はこちらから
ページの先頭にもどる