男性が禁煙するメリット -ニコチンによる薄毛やEDを緩和-

禁煙するだけで効果あり!薄毛と勃起不全が改善する可能性

禁煙の男性のメリット:薄毛イメージ

タバコは男性にとって『致命的』な薄毛と勃起不全を引き起こします。

喫煙者は非喫煙者に比べて薄毛と勃起不全の男性が多いという話、皆さんはご存知でしょうか?
喫煙者の中には、「自分は髪もふさふさだし、下の方も元気だからそんなの迷信、嘘だ」と思われている男性もいるでしょう。
ですが、実際は喫煙者は非喫煙者に比べて、薄毛と勃起不全のリスクが増加することが研究で分かっています。
今が元気だからと言って、年をとっても元気とは限りません。

薄毛や勃起不全に悩まされている喫煙者男性は、タバコが原因でそのような状態に陥っている可能性もあります。

ですが、この状態はある意味、運がいいのかもしれません。
なぜなら、タバコが原因で薄毛や勃起不全が起きているなら、禁煙すれば改善することができるからです。
元気な髪やパートナーとの性生活を取り戻すためにも、禁煙を始めてみるのはどうでしょうか?

チャンピックスの購入はこちらから

禁煙すると薄毛にどう影響する?

喫煙による薄毛の5つの原因。

喫煙によって薄毛が起こる場合、5つの原因が考えられます。

  • 血行不良
  • DHT(ジヒドロテストステロン)の増加
  • ストレス
  • 活性酸素の増加
  • ビタミン不足

以上が薄毛を引き起こす原因となっています。項目ごと詳しく見ていきましょう。

「血行不良」

タバコに含まれているニコチンには、血管を収縮させる作用があります。
血管が細くなると、頭皮の血流も悪くなり、髪の毛に必要な栄養が十分に行き渡らなくなります。
十分な栄養を得ることができなかった髪は細く、簡単に抜けるようになってしまいます。 その為、禁煙することで血行が元に戻り、髪質も改善されます。

「DHT(ジヒドロテストステロン)の増加」

タバコを吸うとDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるAGA(男性型脱毛症)の原因物質が生産されやすくなります。
DHTはAGAに悩まされている男性には、馴染みのある名前でしょう。

喫煙者は非喫煙者に比べてこのDHTの生産が増加することがわかっています。

これはニコチンによってホルモンバランスが崩されることが原因です。
ニコチンは大切な髪の毛も奪って行きます。

「ストレス」

「禁煙をしたら、タバコを吸えないストレスで抜け毛が増えた。」
これは禁煙を始めた喫煙者の方が落ちやすい落とし穴の一つです。
本当はタバコが吸えないからストレスを感じているのではありません。

タバコを吸っているせいで、ストレスを感じる体になってしまっているのです。

ニコチンは脳を刺激し、幸福感をもたらす「ドーパミン」を無理やり分泌させます。

タバコを吸い続けると自分ではこのドーパミンを作り出せなくなってしまいます。
そしてニコチンが足りなくなるとイライラなどの症状が起こり、抑えるためにタバコを吸うことで、ニコチンへ依存します。

喫煙者の体はタバコによって、タバコを吸わないとストレスを感じる体に作り替えられてしまっているのです。

「活性酸素の増加」

タバコを吸うと活性酸素と呼ばれる酸化力の高い酸素が作られます。
美肌の大敵とも知られている成分で、毛穴を詰まらせたり、細胞を酸化させて破壊したり、悪玉コレステロールを増やす原因になります。
細胞が壊されると細胞分裂ができなくなり、薄毛の原因になります。 その他にも、活性酸素を除去する抗酸化物質には、髪の毛の材料になるアミノ酸も含まれています。

アミノ酸が活性酸素のために使われると、生産力がどんどん落ちて、薄毛を進行させてしまいます。

タバコを1本吸うだけで大量の活性酸素が発生するため、タバコを吸っている限り頭皮に髪の毛が戻ることはありません。

「ビタミン不足」

タバコを吸うと活性酸素が発生すると上記でも説明しました。
そして活性酸素を除去する抗酸化物質には、ビタミンAやC、Eなどのビタミンも含まれています。
これらのビタミンは頭皮の健康を保つのにも使われるビタミンであり、髪の成長に欠かせない成分です。
ですが、タバコによって活性酸素が増えると、体を守るために消費されていきます。
その量はタバコ1本で1日に必要なビタミン70%相当にもなります。
その為、喫煙者は非喫煙者の2倍以上のビタミンが必要と言われており、ビタミン不足によって髪の毛が弱くなります。

タバコをやめてハリとコシのある髪を取り戻す!

ここまで読んでくださった方には、喫煙が薄毛の原因になることがお分かりいただけたと思います。
喫煙による薄毛は禁煙することができれば必ず改善に向かっていきます。
薄毛に悩まされている喫煙者の方は、ハリとコシのある髪を取り戻すためにも、禁煙を始めましょう!

チャンピックスの購入はこちらから

禁煙すると勃起不全にどう影響する?

タバコによる勃起不全の3つの原因

喫煙によって勃起不全が起こる場合、3つの原因が考えられます。

  • 血行不良
  • 動脈硬化
  • 自律神経の乱れ

以上が原因となって勃起不全は起きています。項目ごと詳しく見ていきましょう。

「血行不良」

男性の勃起が、たくさんの血管が集まった海綿体に血液が流れることで起きている現象という事を皆さんはご存知でしょうか?
通常は収縮している血管が性的刺激を受けると広くなり、流れ込んだ血流の圧力で海綿体が硬くなります。
これが勃起と呼ばれる現象です。
ですが、ニコチンには血管を収縮させる作用があり、広がった血管を収縮させます。

喫煙をしていると性交時、十分な硬さを得ることができず、性交を行うことができない状態になります。

喫煙は男性の勃起にも悪い影響を与えます。

「動脈硬化」

喫煙によって動脈硬化が起こりやすくなるのは有名な話でしょう。
この動脈硬化によって、勃起不全が引き起こされることもあります。

勃起が起こるには大量の血液が必要になります。ですが、動脈硬化が起きると血管が細くなり、血流が悪くなります。
その為、海綿体に血液が集まらず勃起不全が起きてしまいます。

「自律神経の乱れ」

皆さんは初めての性交の時、緊張と興奮で勃起が起きなくなるという話をご存知ですか?

この状態は自律神経の1つである交感神経が活発に働いて、筋肉が硬直し、血管が収縮して勃起が起きにくくなっています。

体の動きを制御している自律神経には、体が活動するときに働く「交感神経」と体を休めるときに働く「副交感神経」の2種類があります。
男性の勃起が起こる状態は、血管を広げる関係上、副交感神経が働いている時になります。
タバコによってニコチンが体内に取り込まれると、交感神経が活発になり、上記の状態と同じく勃起が起きづらくなります。
1日に何本もタバコを吸うと、その度に交感神経が活発になり、副交感神経とのバランスがおかしくなってしまいます。
自律神経のバランスがおかしくなると、副交感神経が働かなければいけない時に、うまく機能しなくなってしまい、勃起不全が起きてしまいます。

自律神経が乱れることで起きる勃起不全は、禁煙し自律神経が安定することで改善されます。

喫煙は不妊の原因にもなる。お子さんが欲しい方はすぐに禁煙を。

喫煙は不妊の原因にもなります。

  • 精子の数が非喫煙者の1/4程度まで減少する。
  • 精子の運動性が下がり、卵子との結合率も低下する。
  • 奇形精子の数が増加する(頭がないなど)

などの理由で妊娠の可能性が下がってしまいます。
もし奥さんが妊娠を望んでおり、ご自分のお子さんが欲しいなら禁煙することをお勧めします。

禁煙によってパートナーとの『性活』が豊かになります。

ここまで読んでくださった方には、喫煙が勃起不全の原因になることがお分かりいただけたと思います。
いざ、パートナーの女性と性交を行おうしたとき、勃起不全が起きてしまったら、なんとも言えない気持ちになるでしょう。
場合によっては浮気を疑われるなんてことも…
パートナーとの『性活』を豊かにするためにも、禁煙をしてみるのもいいかもしれません。

禁煙による男性のメリットまとめ

手遅れになる前に禁煙で『致命傷』を回避しよう!

喫煙による薄毛や勃起不全への影響は決して小さいものではありません。
今は問題なくとも、歳を重ねるごとに症状が顕著になっていくこともあります。
喫煙が原因の症状なら、禁煙を始めるだけでも効果はあらわれ、改善に向かっていきます。
男として手遅れになる前に、禁煙で薄毛や勃起不全の改善を目指しましょう。

チャンピックスの購入はこちらから
ページの先頭にもどる