女性が禁煙するメリット -美肌効果、生理が軽くなるなど-

禁煙が効果をもたらす美肌効果と生理改善

禁煙の女性のメリット:美肌イメージ

禁煙が肌にもたらす4つのメリット。

タバコをやめることでもたらされる美肌効果として、以下の4つのメリットがあります。

  • 肌のシミやしわが改善に向かう。
  • くすんだ肌にツヤが戻ってくる。
  • ニキビや毛穴が目立つなどの肌トラブルが改善し、耐性が上がる。
  • 老化の進行が緩やかになる。

項目ごと詳しく見ていきましょう。

肌のシミやしわが改善に向かう。

禁煙すると乱れていた肌のターンオーバーが改善されます。

肌のターンオーバーは個人差はあるものの約28日周期になっています。

禁煙を始めて実感がわくまでには1~2月ほどかかる場合もあります。
ですが、ふと鏡を見た時、喫煙していた時との肌の違いに驚かれると思います。
ターンオーバーが正常になればそれまでにあったシミやシワも改善に向かいます。

くすんだ肌にツヤが戻ってくる。

禁煙すると血行不良が改善され、肌の隅々まで栄養が行き渡るようになります。

栄養不足が解消されると、くすんで茶色っぽくなっていた肌色が改善に向かっていきます。

最終的には肌色が明るく、ツヤのある肌を取り戻すことができます。

ニキビや毛穴が目立つなどの肌トラブルが改善し、耐性が上がる。

活性酸素によって失われていたビタミンCには、皮脂の分泌を抑えたり、炎症による色素沈着を防いでくれます。
その為、ニキビなどの肌トラブルが改善に向かい、最終的に症状が起こりにくくなります。
ビタミンCが本来の美肌・美白効果を発揮できるようになります。

老化の進行が緩やかになる。

喫煙者は非喫煙者に比べて10年ほど老化が進んでいるように見られます。

この喫煙による顔の老化をスモーカーズ・フェイスと言います。

老化は人間に等しく訪れるものであり、禁煙を行っても進んでしまった老化が戻ることはありません。
ですが、禁煙によって老化の進行を遅らせ、現状を維持することはできます。
早めの禁煙が若々しい肌の維持につながります。

タバコは男性よりも女性の方が依存性が高い。

女性の喫煙者率が近年、増加傾向にあることをご存知でしょうか?
これは女性の社会進出やそれによるストレスの増加が原因ではないかと考えられています。

実はタバコに対する依存性は男性よりも女性の方が高いという研究データがあります。

男性よりも女性のニコチン離脱症状は重く、ストレス耐性が高くない女性が快楽や精神の安定を求めるために喫煙をはじめ、肉体的・精神的に禁煙が難しくなっているという構造がそこにはあります。

喫煙は女性に多くのデメリットをもたらします。
代表的な症状と言えば、肌トラブルや生理不順などがあげられるでしょう。
生理痛が酷い、生理周期がバラバラ、最近老けた気がするなどの症状は喫煙によって引き起こされている可能性があるのです。
ですが、喫煙によって起きている症状は、禁煙することで改善できます。

美しい肌を取り戻す、生理周期を改善するためにも、禁煙を始めてみませんか?

タバコが肌に与える影響とは?

タバコが肌に与える4つのデメリット。

タバコが肌に与える影響として、4つのデメリットがあります。

  • 血管の収縮による血行不良
  • 肌を酸化させる活性酸素の増加
  • 皮脂の分泌やたばこの煙による毛穴トラブル。
  • 美肌効果で有名なビタミンCの大量消費

以上のデメリットが挙げられます。項目ごと個別にみていきましょう。

血管の収縮による血行不良

タバコのニコチンには、血管が収縮する作用があります。
血管が収縮すると血行不良が起こり、血管を通って行き渡るはずの栄養素が肌全体に届かなくなり、栄養不足が起きます。
その他にも、血行不良によってターンオーバー(肌の新陳代謝による生まれ変わりの周期)が乱され、シミやシワなどの肌トラブルが目立つようになります。
血行不良は肌からツヤを奪っていきます。

肌を酸化させる活性酸素の増加

タバコは美肌の大敵である活性酸素を大量に発生させます。

活性酸素は強力な酸化作用を持った成分で、肌の細胞を酸化させて破壊します。

細胞が破壊されると肌がたるんだり、毛穴やしわが目立つようになります。
活性酸素は肌の老化を進め、肌からハリを奪っていきます。

美肌効果で有名なビタミンCの大量消費

タバコによって発生する活性酸素。
それを体内から除去する抗酸化物質には、美肌に効果があるビタミンCも含まれています。

ビタミンCには、高い美白効果があり、シミやニキビなどの色素沈着を改善し、肌に明るさを与えてくれます。

タバコ1本を吸うと活性酸素を除去するために、1日に必要な25~100%のビタミンCが消費されます。
活性酸素によってビタミンCが大量に消費される事で肌は慢性的なビタミン不足となり、本来の明るさが失われていきます。

皮脂の分泌やたばこの煙による毛穴トラブル。

タバコを吸うと女性ホルモンの分泌が抑えられ、バランスが乱れてしまいます。

ホルモンバランスが乱れると毛穴から分泌される皮脂の量が増加し、毛穴が大きくなって汚れが詰まりやすくなります。

そしてタバコの煙が肌に当たると、汚れが毛穴に詰まって黒く目立つようになります。
この状態になると肌のぶつぶつが目立つようになり、肌が汚い印象を与えます。

喫煙者に美肌はいない。

ここまで読んでくださった方には、タバコが肌を壊していることがお分かりいただけたと思います。
喫煙者の女性が美肌を取り戻そうと考えた時、禁煙をして初めてスタート地点に立つことができます。
美肌を手に入れるための禁煙に遅すぎるという事はありません。
あなたの美しい肌を取り戻すためにも、禁煙を始めてみませんか?

タバコが生理を狂わせる理由はなに?

タバコが生理痛を悪化させ、周期を狂わせる3つの理由。

喫煙が生理に悪影響を与える理由が2つあります。

  • タバコによってエストロゲンが減少する。
  • 血管の収縮による血行不良。

以上の理由が挙げられます。項目ごと詳しく見ていきましょう。

喫煙によってエストロゲンが減少する。

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは別名「美人ホルモン」とも呼ばれています。

喫煙は女性ホルモンの生成に必要な酵素を抑制し、卵巣の機能を低下させることでエストロゲンの分泌を妨げます。

卵巣が機能不全を起こし、エストロゲンの分泌が減少すると、ホルモンバランスが崩れ、生理周期が乱れてしまいます。
ただ、生理周期が乱れるだけならまだいいですが、卵巣の機能不全が長ければ長いほど、不妊のリスクが上がったり、閉経が早くなることも確認されています。
その他にも、エストロゲンの分解が早まることも確認されており、喫煙は女性の健康を妨げることがわかります。

血管の収縮による血行不良。

生理痛は生理が始まると分泌される「プロスタグランジン」によって引き起こされています。

プロスタグランジンは子宮を収縮させ、必要がなくなった子宮内膜(受精卵が着床するためのクッション)を外に排出する作用があります。

このプロスタグランジンが分泌されすぎると、生理痛が激しくなります。

喫煙による血管の収縮は血行不良を招き、身体が冷えを悪化させます。
プロスタグランジンは体が冷えると分泌が増すことで、生理痛を激しくするのです。
この作用によって、喫煙は生理痛を悪化させます。

タバコは妊娠や出産にも悪影響を与えます。

喫煙は妊娠や出産にも悪影響を及ぼすのをご存知でしょうか?

  • 喫煙によって妊娠の確率が下がる。
  • 早産や流産の可能性が非喫煙者に比べて1.5~2倍近く増加する。
  • 血管が細くなることで、胎盤や胎児への栄養や酸素が十分に届かず、死産や未熟児として生まれやすい。
  • 主産時の体重が非喫煙者と比べて少なく、知能や発達に遅れがみられるようになる。

などの悪影響が生まれてくる子供にあります。
ひどい場合では母乳にニコチンが含まれていて、ニコチン中毒になってしまう赤ちゃんもいます。
健康な体でお子さんを生んであげるためにも、妊娠を望むなら速やかに禁煙しましょう。

タバコは女性としての魅力も壊す。

エストロゲンは女性として魅力的な身体を作るのに必要な成分です。

喫煙によって分泌が減少してしまうと、生理に悪影響を与えるだけでなく、美肌にも影響します。

タバコには男性ホルモンの分泌を高める作用があり、身体が男性的に変化してしまう事もあります。
タバコに女性としての魅力を壊されてしまう前に、禁煙を始めることを推奨します。

禁煙による女性のメリットまとめ

まだ間に合う!禁煙で女性としての魅力を取り戻す。

最後まで読んでいただいた方には、喫煙が女性に与えるデメリットが小さくないことがお分かり頂けたと思います。
今は問題ないように見えても、時間が経つにつれて影響は大きくなり、最悪の場合自分だけの問題ではすまなくなってしまいます。
禁煙を始めるのに遅すぎることは決してありません。
自分や未来のパートナーのためにも、禁煙を始めて美しく、健康な体を取り戻してみませんか?

ページの先頭にもどる