禁煙の一番のデメリットは離脱症状|離脱症状の原因と対処法

禁煙の一番のデメリットは離脱症状

禁煙の離脱症状

離脱症状は健康な身体を取り戻すためのステップです。

禁煙においての一番のデメリットとして、覚悟しておかなくはいけないのが『離脱症状』です。
タバコを吸いたい欲求は我慢できても、離脱症状に耐え切れず、泣く泣く禁煙を断念してしまったという話はよく聞きます。

離脱症状は、タバコの影響で異常状態になってしまった身体が、正常な状態に戻る過程で生じるものであり、決して禁煙によって健康が害されてしまったわけではありません。

離脱症状は禁煙においてのデメリットと言うよりも、健康な身体という何よりのメリットを取り戻す為に避けては通れないステップなのです。

正しい知識と対策を学び、頑張って禁煙を継続させましょう。

禁煙時の離脱症状のピークは?いつまで続く?

離脱症状は禁煙して数日経ってから徐々に強くなっていき、3週間目くらいでピークを迎えると言われています。

症状が続く期間には、個人差が大きく一概には言えませんが、およそ1カ月くらいで落ち着く事が多いようです。

ただし、離脱症状の強さにも長さにも、今まで吸っていた量は比例するものであり、ヘビースモーカーであればある程、長い期間離脱症状に苦しめられます。

様々な形で現れる離脱症状

心と身体に色々な変化を及ぼします。

離脱症状の現れ方は人それぞれ異なり、肉体面にも精神面にも幅広く症状が見られます。
多く見られる離脱症状としては、以下が挙げられます。

  • イライラ
  • 不安感
  • 眠気
  • 頭痛
  • うつ
  • 不安感
  • だるい
  • 不眠
  • 便秘
  • 太る

いつまでも続く頭痛の症状

禁煙時の離脱症状の一つに『頭痛』があります。
いつまでも続く痛みによって、頭痛と同時に寝不足に悩まされてしまう人も多く居ます。

離脱症状で見られる頭痛の症状には、禁煙によるストレスが大きく関わっています。
禁煙には、吸えないイライラや不安などのストレスがつきものです。
そのストレスが生じさせる筋肉の緊張の緊張による血行不良が頭痛の原因の一つです。

また、ニコチンが与える喫煙者の身体への変化も、頭痛の発生に大きく結びついています。

禁煙時の頭痛について

昼夜を問わず襲って来る眠気

禁煙を始めたばかりの人の多くを挫折に追い込んでいるのが、離脱症状による『眠気』の症状です。
離脱症状による眠気は、普段、人が感じる眠気よりもずっと強力で突然やってきます。
昼夜を問わずに抗い難い眠気が襲って来ることから、仕事に支障を来すことも多く、我慢できずに禁煙を諦めてしまう人が多いのです。

禁煙をすると眠気を感じるようになるのには、しっかりとした科学的根拠があります。
また、今まで仕事の合間の一服で眠気を覚ましていたという人にとっても、禁煙は辛いものです。

禁煙時の眠気について

タバコを辞めたら太るは本当

禁煙時のデメリットとして、代表的なものが「禁煙をすると太る」というものになります。
中でもこれから禁煙を始める事を考えている女性にとっては、深刻な悩みですね。

確かに禁煙をすると太るというのは本当です。
その理由としては、禁煙による『食欲の増進』や『腸内環境の変化』、『禁煙による口寂しさ』など様々な原因が挙げられます。

ただし、食欲や腸内環境の変化に関しては、喫煙によって痩せやすくなっていた身体が、元の健康な状態に戻っただけですので、太るからと言って、禁煙を諦めるべきではありません。

禁煙で太るって本当?

うつ(鬱)は最も深刻な離脱症状

離脱症状としては、最も深刻であり、場合によっては禁煙を断念しなくてはいけなくなるのが『うつ病』です。
禁煙によって発生するうつ病は、『禁煙うつ』とも呼ばれており、問題視されています。

うつ病自体は精神的な症状である事から、禁煙による吸えないストレスによって引き起こされているのだと思いがちですが、原因の多くは脳内物質にあります。
ニコチンが人の脳に与える作用によって、精神のバランスを整える役割を持つ脳内物質の分泌量が低下してしまう事に関係しているのです。

禁煙うつについて

離脱症状の原因はニコチンの依存性

脳の快感状態を過剰に増幅してしまいます。

禁煙の離脱症状が起こる原因は、ニコチンが持つ依存性にあります。

タバコを吸うと、ニコチンが脳にあるニコチン受容体と結びつき、快感状態にするドパミンという物質を大量に放出されます。これによってタバコを吸った時の心地よさやリラックスが生まれます。

タバコを吸い終えると、30分ほどでニコチンがなくなってドパミンが一気に無くなります。すると今度は脳がニコチンに依存しはじめ、イライラや眠気などの離脱症状を引き起こします。離脱症状を何とか抑えるために再びタバコを吸うと、さらにニコチンへの依存が強まってしまうのです。
ニコチンの依存性は非常に強く、コカインやヘロイン、アルコールと同等であると言われています。
ニコチンには以下の3つの依存性があるとされています。

心理的依存
喫煙することによる一時的なリラックスやストレス解消により、タバコを吸うことは体に良いことであると思い込んで正当化する心理状態を指します。
身体的依存
禁煙することによる身体的な離脱症状が深刻で、ニコチンを摂取しなければ身体が慢性的な不調になってしまう状態です。
習慣による依存
喫煙するタイミングが習慣化することで、タバコが生活の一部となってしまっている感覚です。

離脱症状の苦痛はご自身の意志の弱さではなく、ニコチンが脳や身体に及ぼすさまざまな影響によるものです。

離脱症状の対処法は禁煙補助薬による治療

飲み薬チャンピックスを始めとした禁煙補助薬

離脱症状の対処法として最も効果的なのは、禁煙補助薬を用いた禁煙治療です。
禁煙補助薬は、禁煙による離脱症状を緩和し、タバコへの依存をブロックする治療薬です。

最も治療効果があるのが飲み薬のチャンピックスです。チャンピックスは脳のニコチン受容体に結合することでニコチン依存を抑え、さらにタバコを美味しく感じさせない効果があります。3ヶ月の継続服用を行えば、禁煙成功率は78.5%にも及びます。

チャンピックスについて

チャンピックス以外の治療として、皮膚から摂取するタイプのニコチンパッチや口腔内から摂取するタイプのニコチンガムを用いたニコチン置換療法があります。
これらはタバコ以外の方法でニコチンを摂取し、健康に影響を及ぼすことなく離脱症状を抑えるものです。

ページの先頭にもどる