禁煙グッズ -電子タバコ、禁煙パイポ…今の人気商品は?-

禁煙グッズにはどんなのがある?

電子タバコ

辛く厳しい禁煙をサポートするアイテムとして、数多くの禁煙グッズが販売されています。
各種禁煙グッズのメリット・デメリットを紹介します。

禁煙パイポについて

禁煙パイポは、一昔前に大ヒットした禁煙グッズとして有名ですね。
禁煙による口さみしさを埋める目的で作られたグッズです。煙やニコチンの代わりに香料が含まれており、吸うとさわやかな香りが口の中に広がります。
商品の種類も多く、ミント味やレモン味など、フレーバーを選べます。

実際の禁煙効果については、ニコチンが含まれていませんので禁煙中の禁断症状を抑える事はできません。
しかし、食事後や休憩中など、習慣的にタバコを吸う癖から抜けられないという人には向いており、いつものタバコを禁煙パイポで代用する事で吸いたい欲求を抑えます。

禁煙パイポのメリット

  • 煙が出ない
  • 健康に害がない
  • 安い(1本100円くらい)
  • 良い香りが楽しめる

禁煙パイポのデメリット

  • 禁断症状を抑える効果はない
  • タバコ感が薄い

電子タバコ『VAPE』について

VAPE(ベイプ)は、火を使わずに、水蒸気を吸引する電子タバコです。
水蒸気には、禁煙パイポと同様に香りがついており、使い捨てのカートリッジを交換する事で好きな香りを楽しむ事ができます。

日本でも徐々に流行り始めてきていますが、海外での人気は非常に高く、その人気の秘密はVAPEの持つ、オシャレさにあるように思えます。
そもそもVAPE本体の見た目がかなりスタイリッシュなのに加え、フレーバーの幅も非常に広く、コーヒーやフルーツ味、エナジードリンク味など様々です。

実際の禁煙効果については、モクモクと水蒸気が大量に出る上に、タバコを吸った感も多少感じる事ができ、禁煙パイポよりはよりタバコに近い感覚を味わえます。

VAPEのメリット

  • オシャレ
  • フレーバーの種類が豊富
  • 水蒸気が沢山出る
  • タバコ感が強い

VAPEのデメリット

  • 禁断症状を抑える効果はない
  • 初期費用が高い(5000円~10000円程)
  • 充電が必要
  • 健康に害がないとは言い切れない

禁煙飴について

禁煙飴とは、舐めるだけで禁煙効果の得られる飴の事です。
松葉エキスや松脂末が配合されており、その作用によってタバコが不味く感じるようになったり、ニコチンが体内から除去されます。
タバコが吸いたくなったタイミングで禁煙飴を舐める事で、喫煙欲求が抑えられます。

1粒50円くらいで販売されており、気軽に購入できますが、人によっては「禁煙効果をまるで感じない」という意見も多いのが事実です。

禁煙飴のメリット

  • 安い(1個50円くらい)
  • 気軽
  • 健康に害がない

禁煙飴のデメリット

  • 禁煙効果が低い
  • あまり美味しくない

ニコチンガム・ニコチンパッチについて

ニコチンガムとニコチンパッチのここまで紹介した禁煙グッズと違う所は、ニコチンが含まれているという点です。
口内の粘膜または皮膚から、少しずつニコチンを吸収する事で、禁煙時の禁断症状を抑える効果があります。

ニコチンガムとニコチンパッチは禁煙外来でも用いられており、多くの喫煙者を禁煙に導いています。

ニコチンガム・パッチのメリット

  • 禁煙時の禁断症状を抑えられる
  • ニコチン中毒者に対する禁煙効果が高い

ニコチンガム・パッチのデメリット

  • 口さみしさを拭う事はできない
  • 習慣で喫煙している人への抑制効果は薄い
  • こちらに依存してしまう事もある
ページの先頭にもどる