他人からの印象 -肌荒れ、老け顔、臭さなど-

タバコはアナタの印象を大きく左右します

タバコの害:印象イメージ

タバコの与える悪印象とは…?

「あの人の口はなんだかヤニ臭い」
「タバコを吸っているせいか、やさぐれて見える」
「歯茎が黒ずんでて不健康に見える」

タバコが他人に与える悪印象は、決して少なくありません。 特にタバコを吸わない人からすると、タバコの匂いや煙を不快に感じる事が多く、喫煙者というだけで『迷惑を与える存在』として嫌われてしまう事もあります。
また、タバコは吸い続ける事によって喫煙者自身の外見を劣化させる要因にもなります。

喫煙によって変化する外見の印象と、タバコの匂いを原因として、他人に与える悪印象を紹介します。

チャンピックスの購入はこちらから

タバコが与える外見への変化

タバコによる肌荒れ、老化現象

タバコが肌に与える害として以下が挙げられます。

  • ニキビ肌になる
  • 肌が老化する
  • しみ、くすみが出来やすくなる
  • 弾力が無くなりしわが出来やすくなる
  • 肌が黒くなる
  • 乾燥肌になる

タバコには、体内の血行を悪くする作用を持つ『ニコチン』や『一酸化炭素』などの有害な物質が含まれています。

タバコの有害物質 -ニコチン、タール、一酸化炭素など-

肌は、血行が悪くなる事で、十分に栄養が行き渡らなかったり、新陳代謝が遅れたりなどのトラブルを引き起こしてしまいます。
また、タバコには体内のビタミンCを大量に破壊する作用があると言われています。
ビタミンCは肌の健康を保つ上で最も重要な栄養素であり、喫煙により慢性的なビタミンC不足に陥ると、肌トラブルを招くだけでなく、肌荒れからの回復も遅れてしまいます。

このようにタバコを吸い続ける事は、肌に多くの悪影響を及ぼし、老化を早めます。

タバコの影響によって肌の老化が進んでしまった状態は『スモーカーズ・フェイス』と呼ばれ、本来よりもやさぐれた印象を与えます。

タバコによる歯の黄ばみ、歯茎の黒ずみ

喫煙が及ぼす外見への悪影響として、最も顕著に現れやすいのが口元です。
タバコが口元に及ぼす害として以下が挙げられます。

  • 歯の黄ばみ
  • 虫歯
  • 歯茎の黒ずみ
  • 歯の根元が見えるような貧相な歯肉
  • 歯周病

タバコには『タール』という化学物質が含まれています。
このタールはベトベトとした液状の物質で、喫煙を繰り返す事で、徐々に歯にこびり付き、歯を黄ばませたり、プラークや歯石も付着しやすくなります。

なんと喫煙者は、非喫煙者に比べて2~9倍も歯周病のリスクが高いと言われています。

また、ニコチンの血管収縮作用によって、血流が滞る事による歯茎の栄養失調を招き、色が黒ずんだり、歯の根元まで見えているような貧相な歯茎になってしまいます。

タバコの臭いが与える周囲への悪印象

タバコを吸うと口臭がキツくなる!?

かなりの確率で、他人に不快感を与えているのが、喫煙後の口臭です。
先述もしましたが、タバコを吸うと、タールという化学物質が歯だけでなく、舌や口の中全体にこびり付きます。
この口の中に残ったタールが、タバコ特有の強烈な「ヤニ臭さ」の原因なのです。
また、喫煙を続けていると、ニコチンの作用により、唾液の分泌量が少ない体質になってしまいます。

経験がある人も多いとは思いますが、口は唾液が減って乾燥した状態になると、悪臭を放ちます。

喫煙後に他人と会話をする場合は、うがいや水分補給をする事で、口臭による悪印象を軽減できます。
ただし、もともと匂いの強いコーヒーなどと組み合わせてしまうと、タバコとコーヒーの匂いとで最悪のブレンドがなされてしまい、ドブのような悪臭を放ちますので注意が必要です。

本人が思ってるよりも臭い!服に染み付いた匂い。

本人が気づいてなくても、周りにいる非喫煙者は服に染み付いたタバコの匂いを一瞬で感じ取ります。
非喫煙者は、喫煙者よりもよっぽどタバコの匂いに対して敏感なのです。

タバコは4000種類以上の化学物質を化合して作られており、匂いはそれらが混じり合った『複合臭』になります。

複合臭というのは、匂いの原因が一つではない分、ただでさえ消えにくい匂い成分です。
衣類は、細かい繊維の間にタバコの成分がしみ込みやすく、洗っても完全に匂いを消し去る事が出来ないのです。

タバコの匂いは、吸っている人が近くにいると、吸っていない他人の服にもしっかりとこびり付いてしまいます。
非喫煙者が、家に帰って服を脱ぐときにタバコのツンっとした匂いを感じたら、多くの人がうんざりする事でしょう。
その匂いの原因が、近くでタバコを吸っていたアナタだとしたら、それだけで悪い印象を抱かれてしまう事になります。

チャンピックスの購入はこちらから
ページの先頭にもどる